Nao Yoshida - 4TUNE TOUR REPORT

Source: Nao Yoshida
URL of the article: http://blog.livedoor.jp/nao03073/archives/51865802.html
Bookmark and Share

◆4TUNE PROJECT始動

3月11日に東日本を襲った大地震で多くの方が犠牲になり、日本はこれまでにない大惨事となった。
月日が経ち、少しずつではあるが復興の兆しが見えてくる中で、お金や知識はないけれど、自分たちにも何かできることはないかと考えた。そして、学生パフォーマーを中心として構成された4TUNE CREWによって始まったのが「4TUNE PROJECT」である。「パフォーマンスの力で日本に笑顔を」というスローガンを掲げ、4TUNE PROJECTは始まった。
 
◆4TUNE GAME開催

7月16日、ストリートカルチャーの聖地 渋谷 代々木公園に136名の学生パフォーマーが集まった。
B-BOY、BMX 、ダブルダッチ、ビートボックスの4ジャンルの学生パフォーマーを対象とした学生ストリートカルチャーコンテスト「4TUNE GAME」を開催。

彼らはパフォーマンスで己の想いをパフォーマンスでぶつけ合い、その結果、4組の優勝者が決まった。
 
B-BOY オポーネル  しなちく(桜美林大学)/FRONT(中央大学)

BMX    肥後晃一(星搓大学)

ダブルダッチ ZIXA    金子(東京大学)/NESS(青山学院大学)
                                     KAHO(青山学院大学)/KIHO(慶応義塾大学)

ビートボックス 杏菩(東京福祉大学)
 
そして、このコンテストで優勝した者は学生代表として、被災地でパフォーマンスをする4TUNE ツアーの参加資格を得たのだ。
 
◆4TUNE TOUR出発

8月5日、新宿に4TUNE GAME 優勝者たちが再び集まった。
「パフォーマンスの力で日本に笑顔を」というスローガンを掲げ、岩手県大船渡市へ向かった。
 
8時間の長旅を経て、盛岡市内にある岩手県立大学に到着。

DSC_6767


ここでは岩手県立大ダブルダッチサークルや現地のパフォーマーを対象に「4TUNE ACADEMY」を開催した。
この「4TUNE ACADEMY」では各業界を牽引する人物らに業界の歴史や成り立ち、これからの展望について講義を行った。普段、聞くことのできない内容に彼らも目を輝かせていた。

DSC_6699
DSC_6617

講義のあとは互いのパフォーマンスを披露しあい、岩手県立大ダブルダッチサークルや現地のパフォーマーとの交流を深めることができた。

DSC_6541


夜はキャンプ場へ移動し、翌日に控えたショーケースについて打ち合わせを重ね、眠りについた。
 




翌日、天気は良好。キャンプ場からの海の眺めは絶景だった。この海が多くの命を飲み込んだとは到底、理解できなかった。

R0012459


4TUNE CREW一行は大船渡市に移動し、震災の影響が激しい地区へと移動した。
待ち受けていたのは想像を超えた現実だった。現状を目の当たりにした彼らからは言葉が出なかった。
震災から半年近く経った今、ニュースの映像だけでは想像もできなかった現状がそこには広がっていた。
復興作業は進んではいるものの、瓦礫や倒壊した建物は残り、悲惨な状況に変わりなかった。


4TUNE CREWはバスを降りて、外を歩いてみることにした。少しの時間、思い思いに歩いた。

DSC06038


辺りを見回してみれば、ここに町があって、生活があったことが伺える。

DSC06073

DSC06062

DSC06071



この状況を見てからパフォーマンスをするには、正直辛かったはずだ。しかし、この現状を見ずにパフォーマンスする訳にはいかなかっただろう。この瞬間に何を思い、考えていたのかは分からない。

DSC06050


けれど、ここに来た目的はパフォーマンスで一人でも多くの人に笑顔を届けることなのだと、声を掛け合い、4TUNE CREWは気持ちを切り替え、バスに乗った。

この日の空は残酷に思えるほど、青く澄み切っていた。




4TUNE CREWは会場となる大船渡市 盛町灯ろう七夕まつり特設会場に到着した。
幾度の打ち合わせを重ね、青年会の方にパフォーマンスがどのようなものか知ってもらい、自分たちがやろうとしていることに同意してもらい、地元の方々の好意によりパフォーマンスができることとなった。
メイン会場となる商店街は華やかな七夕飾りで彩られ、灯ろう七夕山車や道中踊りなどの催しが祭りを盛り上げていた。

DSC_7343

4TUNE CREWはこの商店街のメインストリートでパフォーマンスができることとなり、まさにストリートパフォーマーの本領発揮といったところだろうか。

DSC_7714


ショー開始前、ウォーミングアップする4TUNE CREWの周りには、人の輪ができ始めていた。
4TUNE CREWも積極的にコミュニケーションをはかり、現地の状況などを聞くことができた。
また、会場周辺には外国人ボランティア団体の施設もあり、4TUNE CREWのショーケースを待ちわびていた。
DSC_7368


はじまりの時刻は近づき、ショーケースの始まりの前に、円陣を組み、手を合わせた。

DSC_7446
DSC_7450


気合いを入れて心を一つにした。そして、MC イッシーの合図によってショーケースは始まった。

まずは、スペシャルゲストのフリースタイルフットボールのトクラの登場。
華麗なボール裁きでショーの出だしは好調だ。
DSC_7460


続いてBMXの晃一の登場。彼の笑顔と独特なライディングスタイルは会場を盛り上げていた。

DSC_7477


間髪入れずにB-BOY、オポーネル with SWATの登場。カラダ一つで表現するB-BOYは会場に驚きと歓声を運んだ。

DSC_7613

ダブルダッチのZIXAは4人の息のあったコンビネーションに観客のみならず、その場にいた4TUNE CREWすらも驚かずにはいられなかっただろう。途中、会場にいた女の子を巻き込むなど、会場に温かい空気を巻き込んだ。

DSC_7637



そして、ロボットの歩きだすような音と共に、BEAT BOXの安菩の登場。名曲「夏祭り」をビートボックスで披露。そこからのビートの刻みは、さすがの一言。

DSC_7389



なだれ込む安菩のビートにあわせて、4TUNE CREWの超絶パフォーマンスは繰り広げられた。
ツアー中に考えたコラボレートなど混ぜ、このCREWでしかできないスペシャルショーケースを精一杯に披露した。

あっという間の30分。これまでの想いをラストムーブに込めた。


そして、CREWが一人ずつZIXAの縄をくぐり抜け、横並びになり、手をつないでお辞儀をした。

DSC_7752

最後にMC イッシーから「僕らのパフォーマンスで笑顔になっていただけたでしょうか?」と涙をこらえ震える声に対して、


会場からは大きな拍手で返事をもらうことができた。


DSC_7565




4TUNE CREWはこの瞬間に、もう一度、深くお辞儀をして、大きな声で感謝の気持ちを声にした。
彼らは抱擁し、互いにこのショーの成功を喜んだ。


DSC_7773

DSC_7804

DSC06085

DSC_7835



そして、
彼らはこの地を後にした。



自分たちが目にした有りのままの現状を一人でも多くの人に伝えてほしい。
また、この旅で得た一瞬の気持ちを忘れずに、これからの人生の大きな力にしてほしい。

DSC_7786

そして、4TUNE PROJECTはこれからも東日本復興の為に笑顔を届けつづける。




Photos
URRY  http://yyuurrii.posterous.com/

Wards
4TUNE PROJECT 実行委員会
吉田 幸生






 
 
 

More from the same site:

Nao Yoshida: BMX初心者の方へ  
Posted: 23 days ago
 
Nao Yoshida: 『BMX講習会-TWINS BMX SCHOOL』  
Posted: 3 months ago
 
Nao Yoshida: BMX講習会『PEDALON-ペダルオン』  
Posted: 4 months ago
 
Nao Yoshida: BMX講習会『PEDALON-ペダルオン』  
Posted: 4 months ago
 
Nao Yoshida: SAMPLE TEST  
Posted: 6 months ago
 
1 videos in that post Nao Yoshida: WELCOME to Motel Works  
Posted: 1 year ago
 
Nao Yoshida: Xpress : session2  
Posted: 1 year ago
 
1 videos in that post Nao Yoshida: Igi BMX….  
Posted: 2 years ago
 
1 videos in that post Nao Yoshida: STLYE  
Posted: 2 years ago
 
Nao Yoshida: KOGを終えて。  
Posted: 2 years ago
 
5 videos in that post Nao Yoshida: BINARY CODE / #BCTION  
Posted: 2 years ago
 
Nao Yoshida: Ambassador  
Posted: 3 years ago
 
Nao Yoshida: King Of Ground Round2 KOBE  
Posted: 3 years ago
 
Nao Yoshida: NAO'S NEWYORK CHALLENGE  
Posted: 4 years ago
 
Nao Yoshida: Departure  
Posted: 4 years ago
 
Nao Yoshida: New Ambassador  
Posted: 4 years ago
 
Nao Yoshida: canon.  
Posted: 4 years ago
 
Nao Yoshida: SAKURA.  
Posted: 4 years ago
 
1 videos in that post Nao Yoshida: デザインあ展  
Posted: 4 years ago
 
Nao Yoshida: Oshiro jam.  
Posted: 4 years ago
 
LIVE FEED
Madrid Flatland session  posted: 18 hours ago 
★12/08  posted: 18 hours ago 
★12/09  posted: 18 hours ago 
DecoBMX November 2016  posted: 23 hours ago 
Santee 2-hip Meet The Street 1988  posted: 23 hours ago 
新技3つ  posted: 1 day ago 
New Events: Japan, Chile and USA  posted: 2 days ago 
★12/06  posted: 2 days ago 
★12/07  posted: 2 days ago 
宮田頼光  posted: 2 days ago 
Bruno "ZEBU"  posted: 2 days ago 
New video submitted by user  posted: 4 days ago 
#standwithscotty bike jam  posted: 4 days ago 
★12/04  posted: 4 days ago 
★12/05  posted: 4 days ago 
CRAZY ATHLETES 内野洋平  posted: 4 days ago 
1ヶ月ブリ  posted: 4 days ago 
Steve Bisseker – London, 1992  posted: 5 days ago 
Adam Guild – 2016 Year End  posted: 5 days ago 
Madrid Winter Jam Session  posted: 5 days ago 

Support global-flat - Join the team | | | Bookmark and Share | Logo | contact: info@global-flat.com
Copyright © global-flat.com